233: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)13:44:51 ID:FeG
多聞やら五十六の評価が高すぎて納得がいかない、南雲中将スキーなわい。

240: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)13:46:49 ID:Pc0
>>233
南雲さんは部下がヘッポコ揃いでその責任を一人で負わされてる感じ

245: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)13:47:43 ID:iw1
>>233
南雲さんって水雷やから空母指揮官っていう畑違いの職位についた人だっけ?

264: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)13:49:44 ID:JKZ
>>245
だいたいあってる。本来は水雷戦隊の出身に機動部隊の指揮させる人事が悪いが、
ハンモックナンバーで出世が変わるシステムもどうだか。


291: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)13:53:02 ID:FeG
>>240 >>245
畑違いとは言われてるけど、当時はそういう事をした人がほとんどいないんよね。
航空関係の起草委員も担当したことあるし。

日の目というか、再評価してほしいわぁ。

295: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)13:53:49 ID:Pc0
>>291
少なくとも最期はありゃないわ
せめて海で終わらせてあげたかったよねえ

299: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)13:54:41 ID:smB
>>291
少なくとも、ああいう最期を迎える人ではなかったよね

314: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)13:56:26 ID:FeG
>>295 >>299
そうだねぇ。すくなくとも、海の上で戦ってほしかったね。
当時の情勢的に厳しかったんだろうけど・・・

その時も駆逐艦が一隻でもあれば・・・って嘆いていたらしいし。

324: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)13:57:31 ID:Jvu
>>299
真珠湾成功させた手腕は評価されてもいいよね

アレって、
初対面かつ登山未経験の20人を連れて北アルプス縦走して、
1人の脱落者も無く帰ってきたみたいなもんでしょ

327: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)13:58:39 ID:Pc0
>>324
でも南雲さんはやらないよ

あのとき横綱が帰りに大根をちゃんと買ってくれば
のちのMIなんて起こらなかったのになあ

343: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)14:00:36 ID:Px1
>>327
それは今だから言えることで
米機動部隊がすでに日本の機動部隊を捉えて反撃準備している可能性もあった

351: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)14:02:00 ID:FeG
>>327
そこが多聞だったら大丈夫だったのかというと違うと思うんだけど。
まぁ、敗軍の将だから批判はされて仕方ないと思うけど、非難がなぁ。

359: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)14:03:37 ID:Pc0
>>351
第二撃やってる間にハルゼイの野郎がこっち見つけて
いきなり空母決戦とかだったら凄い

337: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)13:59:58 ID:smB
>>324
敗軍の将の辛いところやね
現代でもスポーツの指導者とか見てるとわかるけど過程のあれこれも悪かったことにされちゃったり

360: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)14:03:42 ID:Mjx
そもそも多門ってなぜあんなに評価高いの?
目立ったエピソードってミッドウェーの飛龍ぐらいだしそれもむやみに反撃せずに撤退したらガダルカナル確保に貢献できたかもしれないのに

369: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)14:04:38 ID:Px1
>>360
多門が指揮してたらMI勝てたんだ!という軍オタの妄想からの期待

374: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)14:05:28 ID:iw1
>>369
なんか理由でもあるのそれ?

384: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)14:07:46 ID:Px1
>>374
米機動部隊を見つけたときに多門がそのまま攻撃を提案
南雲が蹴って武装転換を指示してたら間に合わなくてうわー

仮に多門の作戦でいっても護衛戦闘機がなかったり
MI島爆撃から帰艦した機が着艦できずに海に捨てるはめになったりするんだけどね

408: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)14:13:09 ID:t1Z
>>384
時系列的に、多聞は敵艦隊の攻撃を提案。南雲はMI島攻撃部隊の収容を優先。
結果直衛戦闘機の網を抜けた米軍爆撃機の特攻で大損害

多聞の提案が通って攻撃隊を発艦させてたら、違った結果になったと思うがMI攻撃部隊は収容しきれず燃料切れで海にドボンだろうね
南雲さんの判断は、いたってまともだったと個人的には思うよ。結果論だけで言えば多聞の方が正しかったのかもしれないけど

415: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)14:14:37 ID:Pc0
>>408
それ以前に雷装待機を勝手に解いたのがいかん

432: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)14:16:42 ID:Px1
>>408
ただし、珊瑚海の教訓から米艦隊は空母を分散配置していて
利根の索敵機がみつけたのはヨークタウン一隻だけだったからどのみちエンプラとホーネットに反撃食らってうぎゃー

索敵は大切ね

454: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)14:21:25 ID:gVh
>>432
反撃しないであと二回ほど迎撃に専念してれば
米空母は全部ただの浮き箱になってたんだがな

467: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)14:22:48 ID:Px1
>>454
艦載機の性能もパイロットの技量も数も日本が圧倒していただけに惜しいよね

431: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)14:16:32 ID:Jvu
>>384
山口少将が攻撃を進言したとき、
護衛どころか、二航戦は攻撃隊の準備自体できていなかったという

463: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)14:22:30 ID:Mjx
>>431
ドーントレスが迫ったときに蒼龍を撮影したと思われる写真だと直衛のゼロ戦を収容している段階だったな
装備転換なんて初めてすらいないし、そのまま発艦させようにも甲板に航空機を挙げれない状態でどのみち南雲でも山口でも同じ結果になってたと思う

376: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)14:05:53 ID:FeG
>>360
表現悪いけど、良い時に死んだって感じ・・・
まぁ、長生きしてほしかった人ではあるけどねぇ。

378: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)14:06:01 ID:Pc0
>>360
五十六暗殺の相談では多聞って五十六より評価高かったとかなんとか

385: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)14:07:55 ID:dns
>>360
それでもアメリカ軍から山本五十六と同等かそれ以上の名将は多聞丸以外居ないとか言われてなかったっけ
まあそれを抜きにしても航空隊を鍛えあげて飛龍と運命を共にしたってのが人気のツボなんじゃない?

392: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)14:09:58 ID:Mjx
>>385
むしろ源田実の方が米軍にとって怖い存在のように思えるんだけど…
多門ってなんか米軍の目を引くようなドクトリンとか発表してたっけ?

387: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)14:08:47 ID:Pc0
>>360
三船敏郎も阿部寛もかっこよかった>多聞丸

404: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)14:12:35 ID:FeG
>>387
かっこよかったけど、イケメンすぎだよあれwww

390: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)14:09:45 ID:wMk
お前らなんで多聞丸?
山口多聞やろ?

394: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)14:10:13 ID:657
>>390
文句は飛龍ちゃんに言ってくれ

397: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)14:10:46 ID:wMk
>>394
わかった


おい飛龍! 山口多聞やろ!(パシーンパシーン)

396: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)14:10:39 ID:OFp
>>390
山口提督の名前は楠正成の幼名多聞丸から取られてる

398: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)14:11:12 ID:sH0
飛龍「あへぇ」




ドリフターズの影響だ!(適当)